2005年09月

2005年09月30日

9月の歌 #55

9月の歌ラストを飾るのは、
「バングルズ」もカバーしたこの名曲

【September Gurls】 BIG STAR
BIG STAR / 1st&2nd
BIG STAR/ビッグ・スター
#1 Record/Radio City
 2inCD  1972年/1974年
”スタックス・レーベル”から発売された、ギターポップの開祖とも言うべき伝説的なバンドの1stと2ndをカップリングしたCD。当時は全く売れなかったが、パンク・ニューウェイブ以降、影響を受けたアーティストが多く出て来て再評価される。(昨日紹介した”アイヴォ・ワッツ”もその一人)1stは、アレックス・チルトンクリストファー・ベルの才能が詰まった名作。名曲”セプテンバー・ガール”は2nd「RADIO CITY」に収録。
続きを読む

shonmachi at 14:47|PermalinkComments(7)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 MONTHLY SONGS | US ROCK

2005年09月29日

眠れぬ夜には…5

仕事面で悩み事が多いせいか眠れない夜が続いてる。
元々平均睡眠時間は短いが、最近は3時間程度しか寝ていない。
また、この所色々な行事やイベント事が多くて体も疲れきってる。
ある先輩に「顔が疲れてるよ。」と言われた後、
自分の顔を鏡で見た時、そこにやたらと疲れきった顔があった。
「これは、ヤバイなあ…」と思い今晩はぐっすり寝なければと思うのだが、
「寝よう」「寝よう」と思うほど不思議なもので眠れないものだ。

そこで、
azzaroさんのブログのコメントで思い出したCDを探し出し、
微音量で流してベットに入った……。


This Mortal Coil / 涙の終結THIS MORTAL COIL/ジス・モータル・コイル
涙の終結
It'll End in Tears 1984年
【収録曲】1.Kangaroo / 2.Song To The Siren / 3.Holocaust / 4.Fyt / 5.Fond Affections / 6.The Last Ray / 7.Another Day / 8.Waves Become Wings / 9.Barramundi / 10.Dreams Made Flesh / 11.Not Me / 12.A Single Wish
アイヴォ・ワッツ率いる、4ADレーベル・オールスターズのプロジェクト第1弾。当時「癒し系」という言葉も無かった時、僕にとって「ヒーリング・ミュージック」だった音楽。12曲中、6曲がカバー曲でこのアルバムで、アレックス・チルトンの存在を知った。(ギターポップの開祖とも言うべき伝説的なバンド”BIG STAR”のメンバー)1.3曲目の”BIG STAR”のカバーは本当に秀作のカバーヴァージョンだ。
参加アーティストは、4ADから「コクトー・ツインズ」「シンディ・トーク」「カラー・ボックス」「ウルフギャング・プレス」「デッド・カン・ダンス」「モダン・イングリッシュ」「X-マル・ドイチェランド」そして元「マガジン」の「ハワード・デボート」。80年代耽美系ニューウェイヴの一つの完成形。(2nd”銀細工とシャドー”はもっと完成度が高い。このアルバムも、いつか紹介したい。)

「これで今日はぐっすり眠れるだろうな」と思ったが…
続きを読む

shonmachi at 10:08|PermalinkComments(13)TrackBack(4)このエントリーをはてなブックマークに追加 TODAY'S MUSIC | NEW WAVE

2005年09月28日

英国名物親父追悼盤

CDJ NEWS  2005/09/22掲載 

英BBCの名物DJ ジョン・ピールが愛した楽曲を集めたCD登場!  
 来月10月、英国BBCの名物DJであったジョン・ピールがこの世を去ってから、早いもので丸1年を迎えます。英国音楽史にその名を刻んだ彼の功績をたたえ、英国では10月12日に追悼コンサートの開催が予定されていますが、その翌週の10月17日には、彼が生前好んで聴いていたという楽曲を集めたCD2枚組のトリビュート・アルバム”John Peel-A Tributeも英国で発売される予定です。
 アルバムには、彼のフェイバリット・ソングとして知られるアンダートーンズ「Teenage Kicks」(写真はベスト盤)をはじめ、ピンク・フロイドジミ・ヘンドリックスザ・ドアーズキャプテン・ビーフハートラモーンズザ・クラッシュジョイ・ディヴィジョンニュー・オーダーザ・スミスコクトー・ツインズジーザス&メリー・チェインブラーベル・アンド・セバスチャンオービタルなど、知名度やジャンルを問わずに真に良質の音楽だけを紹介し続けた、いかにも彼らしいセレクトの全40曲を収録。アルバム利益の一部は、さまざまなチャリティに寄付されることになるそうです。偉大なる故人への追悼の意味を込めて、英国音楽ファンはお聴きください!
 なお、英BBCのRadio 1によれば、これとは別に、ジェフ・ベック、ニュー・オーダーのピーター・フック、ザ・フューチャーヘッズが、バズコックスの「エヴァー・フォーレン・イン・ラヴ」をカヴァーしたシングルも、トリビュート作品として今後発売される予定もあるそうです。こちらもご注目を!

歴史あるUKロックの生き字引”ジョン・ピール”
彼がDJを努めUKロック・ファンには、マスト・アイテムだった、
「ストレンジ・フルーツ・レーベル」の”THE PEEL SESSIONS”

彼のラジオ番組"Peel Session"ではラジオでスタジオライブをオンエアしてた。
THE PEEL SESSIONS”はその音源をCD・レコード化したもの。

僕もピール・セッションの数々の音源は楽しませてもらった。
その彼が、愛した40曲は……
続きを読む

shonmachi at 11:29|PermalinkComments(3)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 MUSIC NEWS - 2005 | NEW WAVE

イエロー・フラッグ

a6448b5b.jpg昨日の早朝から、小中学校の通学路にて交通指導員として誘導中。 最近寝不足なので、さすがに眠い……。

shonmachi at 07:25|PermalinkComments(7)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 DAILY LIFE - 2005 | モブログ-2005

2005年09月27日

CDレーベル・アルバムTB #24

ba2ecdef.jpg



Artist / Teenage Fanclub
Title / Grand Prix
Date / 1995

続きを読む

shonmachi at 01:10|PermalinkComments(5)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 CD LABEL ALBUM | UK ROCK

2005年09月26日

「BANANA」との出会い #25

「BANANA」との出会い #1…から約1ヶ月ぶりの続きです(苦笑)。
その後「バナナ・アルバム」は、レコード棚の肥しになり、
たまにインテリアとして表に出てBGMになるぐらいだったが……。


VELVET UNDERGROUND
The Velvet Underground & Nico
ヴェルベッツ・アンダーグランド&ニコ  1967年
【収録曲】 日曜の朝 / 僕は待ち人 / 宿命の女 / 毛皮のヴィーナス / ラン・ラン・ラン / オール・トゥモーローズ・パーティーズ / ヘロイン / もう一度彼女が行くところ / ユア・ミラー / 黒い天使の死の歌 / ヨーロピアン・サン

「日曜の朝 / サンディ・モーニング」は”GISH”のレパートリーの中の1曲。また「宿命の女 / フィムファタル」は今年の6月、”GISH”のベーシスト「Y-GO」の結婚式でギター1本で歌った曲。


大学生になり、アルバイト先で知り合った3歳年上のMさん。
Mさんは、田舎者の僕に色々な事を教えてくれた少し変わった先輩だった。
最初は、強面で少し近寄りがたい人だったが、
ある日買ったレコード袋をさげてバイト先に行った時……
続きを読む

shonmachi at 00:32|PermalinkComments(5)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 VELVET UNDERGROUND / LOU REED | US ROCK

2005年09月25日

運動会

d2039039.jpg今日は長女が小学校になって初めての運動会。
いい天気でよかった。

shonmachi at 13:08|PermalinkComments(8)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 DAILY LIFE - 2005 | モブログ-2005

2005年09月24日

マッドチェスターの生き残り5

2005-09-15 BARKS NEWSより

 シャーラタンズ、バンドの新作とソロ・アルバムを語る

 シャーラタンズのフロントマン、ティム・バージェスが、バンドの新作や自身のソロ・アルバムについてXFMに話をした。バージェスは、メンバーが気に入らなかった曲をソロ・アルバムに収録するつもりだという
 「シャーラタンズのアルバムで却下されたものを、俺のソロ・アルバムに入れるよ。でも良くないから却下されたってわけじゃないよ。ドラムやベースのパートがなかったり、アコースティックだからって理由だ。ただテイストが違うんだよ。だからもしバンドがいらないって言うんなら、それを俺のソロ・アルバムにするよ」
 『Up At The Lake』に続くシャーラタンズ9枚目のスタジオ・アルバムは、すでにレコーディングが終了したようだ。「レコーディングが終わったばかりだよ。いいサウンドになった。かなりダークだね。(ボブ・)ディランからヒップホップまで、いろんなテイストがつまってる。ちょっとラップしてるんだ。っていっても、エミネムよりはクラッシュのラップに近い。それにムーディなものもあれば、ロックしてるものもある」
 現在Simpaticoとの仮タイトルがついたニュー・アルバムは、来年初めにリリースされる予定。

THE CHARLATANS / The Only One I KnowTHE CHARLATANS
The Only One I Know
  1990年
色々あったバンドだが、僕は2ndシングルの”The Only One I Know”を聞いた当時から断然支持してるUKロック・バンドTHE CHARLATANSの新作。

また1枚、待ちどうしい作品が増えた。
続きを読む

shonmachi at 14:38|PermalinkComments(4)TrackBack(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 MUSIC NEWS - 2005 | UK ROCK

2005年09月23日

カラダが…声が…

e0b7cad9.jpg今日はGISHの練習日。
しかし、
昨夜の疲れか調子が悪い。
練習は程々にして課題曲を決め次回に…

…今日は早く寝よう。


shonmachi at 20:55|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 モブログ-2005 | GISH

2005年09月22日

9月の歌 #45

リンク仲間のshuumaさんのブログで思い出した、
忘れてはいけない9月の歌がありました。

【September】 DAVID SYLVIAN


DAVID SYLVIAN/Secrets of the Beehiveデヴィッド・シルヴィアン
Secrets of the Beehive
  1987年

【収録曲】 SEPTEMBER / THE BOY WITH THE GUN / MARIA / ORPHEUS / THE DEVIL'S OWN / WHEN POETS DREAMED OF ANGELS / MOTHER AND CHILD / LET THE HAPPINESS IN / WATERFRONT



このアルバム発売後の翌年デヴィッド・シルヴィアンは来日しライブを行った。
そこで僕は初めて東京公演で、生デビシビをみた。
そのライブの一曲目に彼の声を聞いた瞬間、感動の余り涙がでた。
隣りにいた一緒に見てた友人も泣いていた…。

最近ブログを書き始め、昔聞いてた音達を思い出してゆく中、
デヴィット・シルヴィアンの歌は僕にとって、
かけがえのない歌だという事に改めて気付かされた。

続きを読む

shonmachi at 01:19|PermalinkComments(6)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 MONTHLY SONGS | FEBARIET ALBUMS

2005年09月21日

CDレーベル・アルバムTB #14

BLUETONES/レーベル


Artist / The Bluetones
Title / Expecting to Fly
Date / 1996
続きを読む

shonmachi at 18:16|PermalinkComments(3)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 CD LABEL ALBUM | UK ROCK

最後のアナログ世代へ…

XTCで検索していたら辿り着いたブログ……
kingdowさんのCDレーベル・アルバム

kingdowさんの説明文によると……

続きを読む

shonmachi at 10:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 CD LABEL ALBUM | BOOK / GEAR

2005年09月20日

やっと観ましたSW

SW昨日は仕事で愛媛県松山市に。
やっと、前売り券が使えました。

残り3枚…
 

shonmachi at 10:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 モブログ-2005 | MOVIE / DVD

2005年09月19日

中秋の名月5

昨夜の夕食に、お団子がでていた。
その時、観ていたテレビのニュースで、

今年の中秋の名月は9月18日(旧8月15日)です。
この日は満月です。

なるほど、なるほど(by 管理人HS

そこで、夕食を食べ終えて娘2人を連れ外に出てみた。
しかし、空は曇っていて満月は見えない。
仕方ないので少し散歩をして帰る事にした。
 
帰り道に、長女が……
続きを読む

shonmachi at 02:06|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 DAILY LIFE - 2005 | NEW WAVE

2005年09月18日

ラベル写真

c2c0620a.jpgいい感じです。

こどもびいる公式サイト発見!


shonmachi at 01:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 モブログ-2005 | 宿毛市