2006年11月15日

ネオアコの季節5



WEEKEND
La Variete

1982



CDJ NEWS  2006/10/31掲載


アリソン・スタットンのウィークエンド、唯一作が日本でも曲追加で再発

 
海外では今夏に発売されていた、ウィークエンドの唯一のオリジナル・アルバム『ラ・バリエテ(La Variete)』(写真)のボーナス・トラック付き再発盤がいよいよ日本でも発売に! 日本盤(MSIG-0334 ¥2.940(税込))は11月25日に予定されています。

 ウィークエンドは、ヤング・マーブル・ジャイアンツのアリソン・スタットンが、後にワーキング・ウィークを結成するサイモン・ブースらと組んだユニット。本作のオリジナル盤は1982年に発表されたもので、今回の再発盤では、デモ、12インチ・ヴァージョン、ペンギン・カフェ・オーケストラのサイモン・ジェフスがプロデュースとアレンジを担当したシングル曲などボーナス・トラック10曲を追加しての発売となります。ラテン、ジャズ、ボサ・ノヴァなどの要素を取り入れたアコースティック・サウンドは、ネオアコ黎明期を代表するものですので、未購入のネオアコ・ファンならぜひ!

WEEKEND
Woman's Eyes (Live)  1982


iTunesで試聴


画像は悪いですが貴重な映像です。


この時期になると、なぜかネオアコ・モードになりますね(笑)


ブログ内関連記事

2005年10月15日 
これからの季節にネオアコ

活性化にご協力を

shonmachi at 10:58│Comments(3)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 NEW WAVE | REPRINT / RELAPSE

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by azzaro   2006年11月18日 00:34
懐かしすぎる…。
WEEKENDを聴くと、どうしてもクーラーの無い
実家の私の部屋を思い出すんです。
暑さをこの音で和らげてたんですね。
End Of The Affair。
2. Posted by 管理人GISH   2006年11月21日 01:18
>azzaroさん、
暑さを和らげる音ですか〜。
わかりますよ、その気持ち。
僕は当時こんな音楽が似合う大人に憧れていました。
今改めて聴くと異質なラテン音楽ですけどね(笑)


3. Posted by Karen Millen Sale   2014年03月30日 07:16
the place, we require figure out a great deal 宿毛マンチェスター計画:ネオアコの季節 - livedoor Blog(ブログ) tips about this respect, Karen Millen Sale many thanks for conveying.

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔