2007年04月17日

偉大なシングル盤 #175

My Ever Changing Moods

THE STYLE COUNCIL
My Ever Changing Moods

1984  7"



久々のUpです…(苦笑)

先日開催された「六弦の侍」も無事終了。
当日来て下さった皆様ありがとうございました。
出演者の皆さんお疲れ様でした。
そして今回の主催者のGori君お疲れ様でした。
次回予定の"六弦の侍 夏の陣?"も頑張りましょう!


「六弦の侍」at neue 2007/04/15 出演者(演奏順)

01. ICHIRO
02. YAMASAKI
03. SHIGEKI
04. DAISUKE
05. GISH & N嬢(Key)
06. ももとぞう (TAKI & SUMITO)
07. YUICHI
08. TAKABON
09. 矢沢満吉(笑)


総勢9組のヴァラエティにとんだ内容で僕自身も楽しませてもらいました。
僕は今回はバンドではなく1人で参加。
ギターで3曲演奏後、某ピアノ教室の先生N嬢にサポートしてもらい2曲演奏。
最後の2曲は長年ピアノだけでやってみたかった曲で夢が叶いました。
少々練習不足でしたが、これを機会にN嬢と別ユニットを組むのもアリかな?


GISH 「六弦の侍 セットリスト」

六弦の侍OASIS / Married With Children
GISH / No Title
JESUS & MARY CHAIN /
Darklands 
THE STYLE COUNCIL / My Ever Changing Moods
BURT BACHARACH /
The Aprill Fools 




そこで…

今回紹介する久々の
偉大なシングル盤第17弾は…
4曲目に念願のピアノだけで歌った僕のフェバリエット・ソングであるこの曲を…


THE STYLE COUNCIL
My Ever Changing Moods  1984

iTunesで試聴

 


ポール・ウェラーがジャムを解散後結成したスタイル・カウンシル。
僕の「青春の1枚」スタカンの1stアルバム
「Cafe Bleu」に収録。
(ただしアルバムは、ピアノ引き語りバージョンで今回紹介しているプロモはシングル・バージョン)


My Ever Changing Moods 12

 
THE STYLE COUNCIL
My Ever Changing Moods

1984  12"






前回のコモズラもそうでしたが…

やっぱ、ライブって楽しいね。
次回は久々の『UPPER CUTS』かな?



shonmachi at 00:12│Comments(2)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 GREAT SINGLES | PAUL WELLER / MODS

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. スタイル・カウンシル 『グレイテスト・ヒット』  [ 剃刀ドラマーGoriの世界制覇!! ]   2007年04月18日 09:44
ご存知THE JAMで一世風靡し、モッド界の番長でもあるポール・ウェラーと オルガン奏者、ミック・タルボットによる80年代英国ロックシーンで 話題となったユニット『スタイル・カウンシル』。略して“スタカン”。 THE JAM解散後、まだパンク色が強かったポール・ウ...

この記事へのコメント

1. Posted by Gori   2007年04月18日 09:42
いいよなぁ〜スタカン。N嬢のピアノは泣けた。
これからはGISHと併行にこのユニットで正式
に活動してみてはどうかと思う今日この頃です。
と、言うことでお疲れさまです。次回は“舘ひろし”でお願いします。(笑)
2. Posted by 管理人GISH   2007年04月19日 18:05
>Gori君、
お疲れ様でした。
僕も初の試みが出来て楽しかったです。
別ユニットでの活動はアリですね(笑)
次回は今回の反省点を活かしてもっと楽しいモノを創りましょう!

 >次回は“舘ひろし”でお願いします。
わかりました。
矢沢満吉と競演でお願いします(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔