2010年10月02日

R.E.M. / Everybody Hurts 1992年



日本語訳

いつか楽になる日が来る
でも今はとても苦しい、、
この苦しみは孤独な為にあるのかな、、

こんな辛い思いは無くなればいいと思うのに、、
でもずっと付きまとってる
まるで自分の一部みたいに

どうしてこんな気持ちになるんだろう、、
何をやっても物足りなくて
何をやっても辛いんだ
そう思ってしまう

もっと楽しくやればいいって言う人もいるけど
そう心に言い聞かせて行けばいいんだって
孤独な人生ぐらい嫌なものはないじゃない " そう思うの "" そう思うのよ "
何が楽しくて生きてるの?って、、" そう思うの "" そう思うのよ "

それでこう思ったの、そうか判った、、
人生ってのはこんなもんだ、、割り切って生きるだけだと、、


でも、苦しみは消えてはくれなかった
ある時、どうしようもなくなって周りを見渡してみたんだ
苦しみは、心にずっとある
多くの人が頼るものを失くして俯いてた
ああ、、、、それが分った
多くの人が何も信じることができず動けないでいる

これはどういうことだろう、自分と同じような人達がいる、、
そう!そうだ!そう!
この苦しみは、孤独の為にある訳じゃない、、、

人の気持ちを自分のことのように感じる、、
その為にある、、
昼に夜があるように、心もそうなってる、、

そしてこう思ったんだ、、そうか判った、、
人はそう創られている、、
この気持ちを捨てては駄目だ、、


だから、この気持ちが心にあっていいんだ
思っていいんだ、何をやっても物足りないと
思っていいんだ、何をやっても辛いんだと

そう思うようになった、、
苦しみが心にあっていいんだと思うようになった、、


持って行く、、
持って行く、、
心に持って行く、、
ずっと離さずに、、


持って行くんだ、、
持って行く、、
ずっと心に持って行くんだ、、
ずっと持って行く、、
分るんだ、もう孤独じゃないって

オートマチック・フォー・ザ・ピープル
オートマチック・フォー・ザ・ピープル
クチコミを見る


shonmachi at 09:01│Comments(0)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 US ROCK | FEBARIET SONGS

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. R.E.M. 7  [ まい・ふぇいばりっと・あるばむ ]   2011年02月08日 18:58
NO.00430 R.E.M.のオリジナル・アルバム『オートマチック・フォー・ザ・ピープル』(1992年) 90年代を語る上で、このアルバムもOZZY的には絶対外せ ...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔