THE STONE ROSES

2007年12月01日

シスター・ローズ5

shonmachi at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年02月16日

ボス猿の新作に…4

Sinead O'Connor

SINEAD O'C
ONNOR
Nothing Compares 2 U

1989 12"
 

続きを読む

shonmachi at 17:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年08月16日

一周年5

shonmachi at 18:51|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年08月11日

復活?

STONE ROSES / I Am the Resurrection

THE STONE ROSES
I Am The Resurrection

1992 12"


続きを読む

shonmachi at 23:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年07月22日

CDレーベル・アルバムTB #155

The Very Best of the Stone Roses-01

Artist / The Stone Roses
Title / The Very Best Of The Stone Roses
Date / 2002

続きを読む

shonmachi at 00:26|PermalinkComments(5)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年07月21日

偉大なシングル盤 #155

THE STONE ROSES / Made Of Stone 12

THE STONE ROSES
Made Of Stone

1989  12"

続きを読む

shonmachi at 00:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年12月16日

ボス猿、怒る!

2005-12-13 BARKS NEWSより
イアン・ブラウン、観客の態度に怒ってショウを中断


IAN BROWN/photo-002金曜日(12月9日)にベルファストでコンサートを開いたイアン・ブラウンが、観客がプラスティックのカップやボトルをステージに投げ込むことに怒り、ステージを降りてしまった。その後ショウは再開されたが、ブラウンは観客のマナーの悪さに辟易しているようだ。
NME.COMによると、ブラウンは「Dolphins Were Monkeys」の演奏中、サウンドに問題が生じたため曲を中断。これに苛立ったファンの1人がステージへボトルを投げつけたのをきっかけに、次々と客席からボトルやプラスティック・カップが投げ込まれるようになったという。ブラウンはこれに気分を害しステージを降りてしまった。その後、ショウは再開されたが、スタッフはブラウンが姿を消している間、ステージ上の器材が破損しないようカバーをかけるなどの対処に追われている。
続きを読む

shonmachi at 14:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年11月15日

マンチェ祭(笑)5

2005-11-14 BARKS NEWSより
ニュー・オーダー+スミス+ストーン・ローゼズ

b6de7453.jpg ニュー・オーダー、ザ・スミス、ストーン・ローゼズのメンバーによるスーパー・グループが誕生した。といってもフツーのバンドじゃない。3バンドのベーシスト(ピーター・フック、アンディ・ローク、マニ)による、ベース・プレイヤー・プロジェクトだという。
続きを読む

shonmachi at 01:08|PermalinkComments(6)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年11月13日

イアン・ブラウン DVD3

CDJ NEWS  2005/11/11掲載

イアン・ブラウン、アンソロジーDVDも発売に 【続報付2】

 
以前にお伝えした、ザ・ストーン・ローゼズの元ヴォーカリスト、イアン・ブラウンのソロ・キャリアを総括したベスト・アルバム『ザ・グレイテスト』(写真)の発売が迫るなか、その映像版とも言えるアンソロジーDVD『レトロスペクティヴ−グレイテスト・ヒッツ』も発売決定!
 これまでに発表されてきたビデオ・クリップをはじめ、グラストンベリー・フェスティヴァルでのライヴ映像、TVパフォーマンスなどを収録する予定。
日本盤(UIBP-1028 ¥4.410)は10月26日に予定されています。
 なお、イアン・ブラウンは来年の夏ごろまでには新作を発表したいという意向を持っているとのこと。これで
嘆願サイトまで開設されたストーン・ローゼズの再結成は、ますます遠ざかりますかね……。
(*以上、2005/09/05掲載分)
続きを読む

shonmachi at 23:43|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年10月08日

サリー・シナモン

CDJ NEWS  2005/10/05掲載

ストーン・ローゼズ、シングル「サリー・シナモン」をDVD付で復刻
  
 
 
マンチェスター・ムーヴメントの中核を担った、ザ・ストーン・ローゼズの2ndシングル「サリー・シナモン(Sally Cinnamon)」がボーナスDVDを付属して復刻されます!
 「サリー・シナモン」はオリジナル・アルバムには未収録とはいえ、ベスト・アルバム『ザ・ヴェリーベスト・オブ・ザ・ストーン・ローゼズ』(写真)収録曲に選ばれるなど、ファンからの人気は非常に高い、スウィートで流麗なポップ・ナンバー。オリジナル盤シングルは1987年に発表され、その後、1990年に発売元のFM-Revolverが無断でシングルを再発し、さらに無断でビデオ・クリップを制作したため、怒ったメンバーが会社の事務所にペンキを撒き散らして逮捕されるという出来事が起こったことでも知られている曲です。
続きを読む

shonmachi at 23:56|PermalinkComments(2)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年09月10日

ボス猿の男気

2005-09-07 BARKS NEWSより

イアン・ブラウン、巨額のローゼズ再結成オファーを断る

 イアン・ブラウンは、ストーン・ローゼズを再結成すればメンバーそれぞれに100万ポンド(約2億円)払うというオファーを断ったという。再結成説を否定し続けるブラウン。その意思は固いようだ。
 『The Sun』紙によると、ブラウンはこう話したという。「俺たちは一時期、兄弟みたいなものだった。別離によって、いまの俺たちがある。それぞれに100万ポンド払うから、40公演やれっていうオファーがあったよ。でも、金じゃないんだ。俺たちがかつて持っていたものをまた作り直せるとは思えない。そんなことをしたら、全てを台無しにしちまうよ」
 イアン・ブラウンは9月5日、ニュー・シングル「All Ablaze」をリリース。19日にソロ・キャリアの集大成となるベスト・アルバム『The Greatest』を発売する(日本発売9月14日)。   Ako Suzuki, London

IAN BROWN-001         
さすが、IAN BROWN 男だね。
カッコいいよ アニキ!

しかし・・・・・・・
続きを読む

shonmachi at 01:51|PermalinkComments(3)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年09月09日

油ギッシュの話5

以前にも書き込みしましたが、HNであるGISHというアマバンの紹介を・・・
メンバー構成は、


Vo&G   私
G     SUMITO
B     Y-GO
Dr     TAKAHITO (Ex 黒MAKO) 


先日から久々にスタジオに入って練習をしていますが、
初代ドラマー黒MAKOが諸事情で脱退(一時的?)し、
今年の5月からドラムが変わり悪戦苦闘しています(Gori笑)。
もともと
ストーン・ローゼズのカバーから始め、最近はオリジナル製作に励んでいます。ライブ活動はメンバーのスケジュールが中々一致しないため、6月から演っていません。(あーライブしたい・・・・・・・・・・)

Stone Roses/Second ComingTHE STONE ROSES/ ザ・ストーン・ローゼズ
Second Coming  / セカンド・カミング 1994年
【収録曲】 1.Breaking Into Heaven / 2.Driving South / 3.Ten Storey Love Song / 4.Daybreak / 5.Your Star Will Shine / 6.Straight To The Man / 7.Begging You / 8.Tightrope / 9.Good Times / 10.Tears / 11.How Do You Sleep / 12.Love Spreads
ファーストから5年。待ち望んでいた彼らのセカンド・アルバム。その内容は「レッド・ツェッペリン」のアシッド・ヴァージョンといった感じの音で、ファーストに匹敵する完成度。(個人的にはファーストほどの衝撃はなかった。)しかしこのアルバムが「ラスト・アルバム」に・・・・・・・。GISH結成のきっかけになった1枚。
続きを読む

shonmachi at 02:42|PermalinkComments(3)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年08月23日

偉大なシングル盤 #25

ELEPHANT STONE

THE STONE ROSES
ELEPHANT STONE

12" 1988 ListenMusic

続きを読む

shonmachi at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年08月18日

石と薔薇5

2年前の夏、久しぶりにバンドを結成しました。
バンド名は、HNにも使っている”GISH

始めるきっかけになったバンドが、
マンチェスター・ムーブメントを象徴するバンド……

THE STONE ROSES
THE STONE ROSES 
ストーン・ローゼス / 石と薔薇 
1989年
【オリジナル盤収録曲】 1.I Wanna Be Adored / 2.She Bangs the Drums / 3.Waterfall / 4.Don't Stop / 5.Bye Bye Badman / 6.Elizabeth My Dear / 7.(Song for My) Sugar Spun Sister / 8.Made of Stone / 9.Shoot You Down / 10.This Is the One / 11.I Am the Resurrection
続きを読む

shonmachi at 23:50|PermalinkComments(1)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加