VELVET UNDERGROUND / LOU REED

2007年11月19日

侮れないB面集5



THE KILLERS
Sawdust

2007

続きを読む

shonmachi at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年11月03日

「BANANA」との出会い #35

1ヶ月ぶりかな?
「BANANA」との出会い #1
「BANANA」との出会い #2の続きです…(苦笑)


それから数日後、Mさんが僕にレコードを10枚程貸してくれた。
その中の1枚に、このアルバムがあった……


LOU REED / TransformerLOU REED / ルーリード
Tramsformer /
トランスフォーマー+2  1973年
【収録曲】1. ヴィシャス / 2. アンディの胸 / 3. パーフェクト・デイ / 4. ハンギン・ラウンド / 5. ワイルド・サイドを歩け / 6. メイキャップ / 7. サテライト・オブ・ラブ / 8. ワゴンの車輪 / 9. テレフォン・カンバセイション / 10. アイム・ソー・フリー / 11. グッド・ナイト・レイディス
続きを読む

shonmachi at 00:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年09月26日

「BANANA」との出会い #25

「BANANA」との出会い #1…から約1ヶ月ぶりの続きです(苦笑)。
その後「バナナ・アルバム」は、レコード棚の肥しになり、
たまにインテリアとして表に出てBGMになるぐらいだったが……。


VELVET UNDERGROUND
The Velvet Underground & Nico
ヴェルベッツ・アンダーグランド&ニコ  1967年
【収録曲】 日曜の朝 / 僕は待ち人 / 宿命の女 / 毛皮のヴィーナス / ラン・ラン・ラン / オール・トゥモーローズ・パーティーズ / ヘロイン / もう一度彼女が行くところ / ユア・ミラー / 黒い天使の死の歌 / ヨーロピアン・サン

「日曜の朝 / サンディ・モーニング」は”GISH”のレパートリーの中の1曲。また「宿命の女 / フィムファタル」は今年の6月、”GISH”のベーシスト「Y-GO」の結婚式でギター1本で歌った曲。


大学生になり、アルバイト先で知り合った3歳年上のMさん。
Mさんは、田舎者の僕に色々な事を教えてくれた少し変わった先輩だった。
最初は、強面で少し近寄りがたい人だったが、
ある日買ったレコード袋をさげてバイト先に行った時……
続きを読む

shonmachi at 00:32|PermalinkComments(5)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年09月06日

星空に迷い込んだ男5

9月の歌 #1で紹介した『ルー・リード』「SEPTEMBER SONG」が収録されているアルバムを紹介します。
 
星に迷い込んだ男〜クルト・ワイルの世界V.A.『〜星空に迷い込んだ男〜クルト・ワイルの世界』 1985年
『クルト・ワイル』Kurt Weill (1900−1950)
ドイツ生まれの作曲家。ベルリンで音楽を学び、ワイマール時代のドイツで1928年にブレヒトと組んで「三文オペラ」を発表、一躍有名となった。ユダヤ人だったワイルは、ナチス政権の成立から1933年パリに移住、そしてアメリカに亡命してブロードウェイのために「オペレッタ」「オペラ」そして「ミュージカル」を作曲し作品を提供した。
続きを読む

shonmachi at 01:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年09月01日

9月の歌 #14

最近めっきり朝晩涼しくなりましたね。
今日から9月が始まりました。
そこで今日の一曲は(笑)……

【SEPTEMBER SONG】 LOU REED

SEPTEMBER SONG

LOU REED
SEPTEMBER SONG

7" 1985

続きを読む

shonmachi at 23:40|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年08月25日

「BANANA」との出会い #15

僕の好きな音盤の出会いについて、
 
まず最初の1枚は、
UK・マンチェスターの音楽シーンにも多大な影響を与え、
最近話題のLPサイズ`でかジャケ`も発売になった、

VELVET UNDERGROUND
ヴェルベッツ・アンダーグランド&ニコ  1967年

アンディ・ウォーホールによる、バナナ・ジャケでも有名なデビュー・アルバム。僕が生まれた年、1967年リリース。
ビートルズが「20世紀ロックの光」なら、
ヴェルヴェッツは「20世紀ロックの影」
本作をパンクの源流とする見方も。




初めて聞いたのは、僕が13歳の時。
その頃聞いていたアーティスト達がこぞってカバーしてたのをきっかけに。
 「ジョイ・ディヴィジョン」「ジャパン」等
 
最初の感想といえば……
続きを読む

shonmachi at 20:47|PermalinkComments(8)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加